離婚時の慰謝料を減額するには

配偶者以外の人と関係を持ってしまったことが原因で離婚に至ったケースでは、慰謝料を請求されるのが一般的です。
不貞行為をしたわけですから、慰謝料を請求されるのは仕方ないにしても、なるべくなら支払う額を少なく収めたいところですよね。
今回は、離婚時の慰謝料を減額、回避するための方法をご紹介します。

 

慰謝料を回避出来るケース

不貞行為が原因の離婚であっても、慰謝料を回避している例は存在します。
まず定義として、離婚訴訟における不貞行為とは肉体関係があったことを表します。
数回食事を共にしただけ、腰に手を回して街を歩いているだけといった程度では、例えお互いが離婚の意思を示していたとしても、慰謝料の請求は認められません。
また、肉体関係が強要されたものである場合には、慰謝料を払う必要が無いというのが通例です。
すでに別居状態にあり、夫婦として機能していないカップルのどちらかが不貞行為に及んでも、慰謝料の根拠である精神的苦痛が認められないため、慰謝料請求は退けられます。

 

慰謝料を減額するには

上記のような例に当てはまらない場合でも、行動を起こすことで慰謝料が減じられることはあります。
真摯な謝罪や、不倫相手との絶縁を約束するのは当然ですが、反省の意思を示し、不貞行為をした自分に非があったことを認める態度を示すことで、怒りを鎮めてもらうと慰謝料の交渉が進みやすくなります。
不倫の期間の短さや、相手が主導していたという事実をアピールすることも有効です。
また、不倫の原因はそもそも夫婦関係の悪化だという主張をすることで、言い分が認められることもあります。

 

弁護士に依頼するのが得策

不貞行為による慰謝料請求を受けた場合、弁護士を立てることをおすすめします。
なぜかというと、不倫が原因で離婚しようとする夫婦が顔を合わせて交渉の場に臨むことは、感情が優先されたののしり合いに発展しかねないからです。
これでは慰謝料の交渉もままなりませんし、禍根を残すことになります。
離婚問題に強い弁護士であれば、冷静な態度で慰謝料減額のために動いてくれることでしょう。